男女

小売業を営みたいならフランチャイズから始めよう

申請する前にやること

香港で企業するためにはビザが必要です。まずは香港に簡単な手続きで会社や法人を設立します。会社経営が決まったらビザの申請をします。香港に利益をもたらすかどうか、危険人物ではなく将来に対する事業の展望があるかなどを証明できる様々な書類を提出し、不備が無ければ4週間ほどでビザが発行されます。

必要経費を抑えるには

会社を設立する場合、印紙税や登録免許税など、様々な費用がかかります。しかし、これら費用は工夫することで軽減することも可能でしょう。最近では電子定款が進み、PDF化が一般的となりつつあります。

成功率の高い店舗経営

会議

ブランドとノウハウを活用

フランチャイズといえば、小売業の分野において特に普及が進んでいる経営方式です。個々のお店が運営本部と契約を結び、ロイヤリティを支払う見返りとして提供されるさまざまなサポートを活用できます。小売業に限らず、フランチャイズには有名な店舗チェーンの商号を利用して営業ができるというメリットがあります。まったくの独立店舗として開業するよりも、ブランド力を利用することでより高い集客効果が期待できます。また、各種の経営ノウハウの提供が受けられるのも大きなメリットです。開店準備段階における内装工事やスタッフの雇い入れ、法的手続きに至るまで、初めて店を開く人でもスムーズに事業が始められるよう支援してもらえます。特に小売業の場合、商品の仕入れと価格調査の面でフランチャイズ方式を採用するメリットは大きいと言えます。コンビニやドラッグストアのように多種類の商品を扱う店にあっては独自に商品の仕入れルートを開拓するのは大変ですし、ライバル店の価格や市場での価格相場などを把握するのも困難です。フランチャイズであれば、卸売業者との交渉やマーケティングなどは本社が一括して行うのが一般的であるため、完全な独立経営の場合に比べて有利です。ただ、このことは同時に、品ぞろえや価格設定において店舗の自由度がある程度制限されることを意味します。棚の入れ替えなども独自の判断ではできないケースがあります。フランチャイズで小売業を開業する場合は、そうした全体のルールと店舗の独立性とのバランスに気を配りながら経営を行う必要があるということを知っておく必要があります。

しっかりと準備を

初期費用を抑えて飲食店を開店したいと思っている方は、人も多く集まる心斎橋の貸店舗を利用するという方法がおすすめです。これらの店舗を借りるためには、貸店舗の費用として、家賃5か月分を目安に貯金しておき、必要書類に記載するための連帯保証人を確保しておきましょう。