レディ

小売業を営みたいならフランチャイズから始めよう

必要経費を抑えるには

ビル

会社を設立するためには費用がかかりますので、事前に準備しておく必要があります。実際の費用は設立する会社の種類によって異なりますが、工夫することで安く抑えることもできます。費用軽減の方法も様々ですが、その中の一つが電子定款です。会社設立では定款作成が必須ですが、この定款には紙定款と電子定款があります。紙定款はその名前の通り、すべて書類で作成する方法です。一方電子定款はPDF化された定款を言い、どちらも公証役場で認証してもうことで効力が生じます。以前は書面による定款だけでしたが、PDF化された電子定款も認められるようになりました。この電子定款のメリットとしては、紙定款の認証時に必要な印紙代がかからない点です。会社設立に必要な定款の印紙税は4万円ですが、電子定款で作成するとこの費用が免除されます。会社設立にかかる費用を少しでも節約したいのであれば、この電子定款の作成をおすすめします。その他の方法は、会社設立に伴う手続きをすべて自分で行うことです。会社を設立する時は多くの書類や手続き、そしてある程度の法律知識が必要です。そのため、司法書士や行政書士など、法律の専門家に依頼する人も少なくありません。確かにこのような専門家に依頼すれば、間違いなく手続きをしてくれるでしょう。しかし、その場合は代行手数料を支払う必要があります。専門家によって額は変動するので、きちんと見定めれば問題ありません。会社設立の手続きは一人でもできますので、費用を節減したい方は自分で行ってみるのもいいでしょう。